がん免疫細胞療法とは?

Share on Facebook
LINEで送る

がん免疫細胞療法

家族が癌と診断をされた、あるいは自分が健康診断で癌と診断を受けた皆さん、従来の治療法以外に、新日本橋石井クリニックで行われている、【ANK免疫細胞療法】という治療法もあることをご存知でしょうか。

多くの方が知っている治療法といえば、【放射線照射療法】や【外科手術療法】などだと思います。
しかしこれらの療法にも問題点があり、
【放射線照射療法】
・ 放射線照射による放射線障害(肌の炎症、脱毛、吐き気や倦怠感)や、一部の治療法では日常生活の制限が起きる。
【外科手術療法】
・ 癌化した細胞の塊を一度に切除することができるが、手術によりできた手術痕の治癒や体力の回復などに時間が掛かる。
・ 臓器や細胞の摘出により、たとえばオスメイト(人工肛門)装着することによって、日常生活の変化が必要になる。
・ 手術ができない場所にある癌には、手術を行なうことができない。
などが挙げられます。

しかし、新日本橋石井クリニックの【ANK免疫細胞療法】は、癌患者本人の体内に元から存在している、(NK細胞)と呼ばれている免疫細胞を体外で増殖活性化させて使用するので、副作用が起きにくい治療法です。
また他の治療法とも併用することができるので、癌の完治も目指すことができます。
有効な治療手段をお探しなら、【ANK免疫細胞療法】を選んでみるのも良いかもしれませんよ。